研究室復旧計画

新しい計算機環境(4/1現在)

  • gw (Let's Note/CentOS 5.5) smtp, http, pop3, pptpサーバ

研究室の部屋確保後の計画

ネットワーク構成

  • 各部屋に独立なグローバルアドレスを確保。ブロードバンドルータBHR-4RVを使って室内はプライベートアドレスとし、部屋の間はVPNで接続する。
    • BHR-4RVは、ルータとして使うほか、DHCPサーバ、PPTPサーバとして機能させる。
    • 可能なら、サーバを含めすべてDHCPで運用し、固定IPマシンのIP設定はDHCPサーバ側でやりたい。
  • 当面3-309と3-311の2部屋。中期的に3-108をサーバ室として利用する。(他研究室と合同)
  • ルーティングはすべて専用ルータを使う。これまでルータとして使っていたgwは計算用サーバとして利用
  • HTTP/SMTP/DNS/NISサーバは serv1台に集約。できれば定期的にTerastationにバックアップを取りたい。ns、mail は計算用に再利用。
    • DNSは内向きのみ。外向きはeimailにお願いする。
  • 個人のコンピュータ(サーバでないもの)は、デスクトップを含めてすべて無線LANで利用する。速度が遅い場合は無線LANのステーションを増設。

ネットワーク関連サーバ

  • gw(外側)/pgw
    • ブロードバンドルータ BHR-4RV
    • ルーティング(ほぼ済)、DHCPサーバ(済)、PPTPサーバ(未)
    • httpとsmtpはservに振る
  • serv
    • Let's note T2 w/512MB mem, CentOS 5.5
    • DNS(内側・済)、WWW(済)、SMTP(済)、POP(済)、NIS(未)
    • PopperはAPOP限定

問題点

  • Windowsのドメインをどうするか。(管理しないという選択肢もあり。その場合はnavonaも計算サーバとして再利用)
  • NISサーバの設定。
  • Linuxのホームをどこに置くか。可能ならファイルサーバを全部TeraStation?にしてしまいたい。

マニュアル


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-16 (土) 19:44:39 (3230d)